2009年10月アーカイブ

台風18号が過ぎました。
伊勢湾台風に匹敵すると言われるほどの規模の台風でしたが、影響はありましたか?
私の店も少なからず被害はあって、看板が吹き飛んでしまい困っています。
看板と言っても、つい先日作った大きな看板ではなくて駐車場の入り口にある三店舗共同の広告塔のアクリル板のパネル看板です。
そのパネルが吹き飛んでしまい、現在は中身の蛍光灯がむき出しの状態になっています(;´Д`)

それがなくては店の営業に支障が出ると言うわけではないですが、そのままだとさすがに格好が悪い。
さっそく新しいものを作るべく、デザインの構想を始めました。
今までのパネルはこの店がオープンしたときから変わっていないもので、おそらく看板屋がデザインしたものだと思います(たぶん)。
せっかく新しいものを作るならば、以前よりも良い物、目立つものを作らないといけませんねw
縦が900の横が1480ぐらいの小さなパネルですので表現する内容も限定されたものになるかと思います。
パネルの位置も3メートルほどの高さになるので文章などを入れても小さくて見えないし、誰もそこまで読まないでしょう。
「あんかけスパゲッティ」「からめ亭」
これだけでいいと思っています。あとはいかに目立つことができるか。
今までの奴は原色の赤と黄と緑で構成され、店舗名と電話番号とバリアフリーの説明と持ち帰りができる旨が書いてありました。
まぁお手本どおりというか無難と言うか。こういうのって私にとってつまらないんですよ。
体裁の良い看板がその役割を果たすとは全く思っていません。
看板というものは目立つために存在しているんです。

さて、目立つと言えば「赤」なのですが原色そのままでは目立つことはできても印象には残らない。
なので画像を使ってみましょうw
グラデーション効果があり、目立ち、なおかつ負ではなく正の印象を与えるもの。
炎を使ってみました。どうでしょうかw

まったく何の店だかわからないですねw
焼肉屋か和風な店だと誤解されそうですw
しかし、目立つと言えばこれほどすばらしい炎のイメージもなかなかありません。
悩みました。
目立つことを最優先し、店のイメージとはかけ離れたものを掲げるべきか。
もしくはもっと店のイメージに近づけ、なおかつ炎のイメージに近いものがないか。
と思ったらすぐに見つかりましたw
これです。

どうでしょう。
煉瓦壁の画像ですがもともとは黄土色していたものをレタッチして色を補正しました。
このイメージで蛍光灯のバックライトがつけば目立って印象に残ると思いませんかw

ここまでの作業時間が30分にも満たない程度だったんですが、私はまた悩みました。
こんなにアッサリとデザインを完成させていいのだろうか。
しかし、これ以上足すものも引くものもないような気がするんですよ。
しばらくはこれ以上手を加えずに眺めてみることにします。
それでも新しいアイデアが出なかった場合にこれで行くとしましょう。
あとは財布と相談です(泣)

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12